薄毛に添加物配合のシャンプーはNG

前回、女性と男性の薄毛の仕組みの違いを説明しましたが、男性は「育毛が遅い」女性は「発毛が遅い」のがそれぞれの薄毛の原因でしたね。

ヘアケア用品を選ぶときは、女性と男性の薄毛のメカニズムに合わせて選ぶ必要があります。
男性のヘアケアで有名なのはスカルプDの商品ですね。
女性のヘアケア用品はたくさん出ていますが、薄毛対策のヘアケアアイテムはそんなに聞くことはないかもしれません。

女性の髪は40歳頃から細く、少なくなります。
この時期より少し早くからヘアケアをはじめるのがオススメですが、やはり香料や着色料などの添加物が多く入ったものは極力避けて使うことをオススメします。
匂いのいいものはリラックス効果も高いのですが、安くてかぐわしいものは香料を大量に使用している可能性が高いため、髪質や肌質に影響を与えてしまう可能性があります。

できれば30代に入ったあたりから、添加物が少なめなシャンプーに移行するのがいいでしょう。
香りを優先したいなら、アロマエッセンスが配合されたものがオススメです。
添加物は頭皮の環境の悪化を招き、薄毛を促進させますので気をつけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ